野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督、中田のCS爆発を予告 初戦の2ランは「久々にジーンと来た」

日ハム栗山監督、中田のCS爆発を予告 初戦の2ランは「久々にジーンと来た」

日本ハムの栗山英樹監督が12日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ(札幌ドーム)での中田翔内野手の大爆発を予告した。

20150508_kuriyama

武田をKOするダメ押しの一発、「大事な試合ほど4番が打たないと決まらない」

 日本ハムの栗山英樹監督が12日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ(札幌ドーム)での中田翔内野手の大爆発を予告した。

 中田は12日の第1戦で「4番・一塁」でスタメン出場。4点先制した直後の5回1死一塁。武田の直球を完璧に捉え、左中間席へ飛び込む1号2ラン。武田をKOするダメ押しの一発となった。試合後、栗山監督は4番の一振りを感慨深げに振り返った。

「うれしかったね。ああやって、翔らしい本塁打が出るのがすごくうれしかった。久々にジーンと来る本塁打。やっぱり、大事な試合になればなるほど、主役、いわゆる4番が打たないと試合が決まらないので」

 栗山監督を感動させる一発となったが、試合前からこの豪快な打撃を予見していたという。7日の紅白戦では初回1死一、二塁で高梨の内角直球を強振。左翼ポール直撃の一発を放っていた。

人気記事ランキング