野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 広島ジョンソン、初回の2四球に見えた「状態の良さ」 DeNAが巻き返すには?

広島ジョンソン、初回の2四球に見えた「状態の良さ」 DeNAが巻き返すには?

セ・リーグのCSファイナルステージ初戦は、リーグ覇者の広島がシーズン3位のDeNAに5-0で快勝した。

20150726_johnson

エース左腕がCSファイナル初戦で圧巻の完封、勝因は「ジョンソン以外にない」

 セ・リーグのCSファイナルステージ初戦は、リーグ覇者の広島がシーズン3位のDeNAに5-0で快勝した。

 ファーストステージでシーズン2位の巨人を破り、勢いに乗っていたDeNAだったが、広島の先発ジョンソンが9回3安打無失点6奪三振3四球と圧巻の投球。DeNAに二塁を踏ませることなく、付け入るスキを与えなかった。打線も1番・田中が3安打、3番・丸が先制打を放つなど、上位打線が機能して効果的に得点を重ねた。

 最大の勝因は、やはりジョンソンだろう。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「ジョンソン以外には(ポイントは)ないですね。あのピッチングをされたら打てない。素晴らしかった」と、絶対的エースの投球を手放しで絶賛した。

 ジョンソンの状態の良さは、立ち上がりから明らかだったという。初回、左腕は珍しく2つの四球を出したが、梶谷を併殺に仕留めるなど無失点で切り抜けた。この2つの四球に、好調さが凝縮されていたと野口氏は指摘する。どういうことか。

「初回に際どいコースをボールと判定されて、2つ四球を出しました。それでも集中力を切らすことなく冷静に投げ続けていた。2回の投球を見た時に、DeNAが打てるとしたら、ラッキーホームランくらしかないだろうと思いました。あの2つの四球で崩れず、2回以降は四球を出さなかったのは、状態が良かったという証拠。ボールが狙っていたところに行っていたという証拠ですよ。スピードもいつも以上で、150キロも出ていた。本当にいいピッチャーです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中