野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

少数精鋭でドラフト指名順に影響も? 高まる高校生捕手への注目度

強打の左打者に走攻守揃う捕手も

 右打者の九鬼に対して、強打の左打者として評価が高いのは日大三で主軸を務めた坂倉将吾捕手。甲子園出場経験はないが、1年生の時から名門で公式戦に出場。打力を買われて、1、2年時は外野手として出場した。打撃の特徴は広角に打ち分けられる柔らかさ。もちろんパワーも兼ね備えている。昨年の秋に腰椎分離症を患ったが、夏前に回復。今年の夏は4強止まりだったが、全国トップクラスの捕手としてスカウトの目に留まった。

 坂倉と同じく東京の高校、甲子園経験のない帝京の郡拓也捕手も注目の1人。武器は遠投120メートルの強肩。2年春から強豪の正捕手を務めている右打者だ。また、リード面でも前田監督からの信頼が厚い捕手だった。試合の投手交代も郡の要求に名将が応えることもあったほど。投手の分析、リード面、打撃の評価はもちろん高いが、盗塁も武器とする俊足の持つ主という一面もある。まさに走攻守の揃った捕手だ。

 夏の甲子園にも出場した明徳義塾の古賀優大も素材は抜群だ。今夏は優勝した作新学振に敗れたが4番に座り3安打をマーク。4試合で16打数10安打、打率.625と打ちまくった。肩がとにかく強く、二塁への送球は高校球界トップクラスのスピード。2秒を切ればプロでも早いレベルだが、1秒8台を記録したこともあったという。今年の甲子園では九鬼、いなべ総合(三重)の渡辺(大学進学予定)とともにスカウトから高い評価を受けていた。

 他にもスカウトがチェックしている捕手はいるが、この4人が高校生の中での上位候補になってくるだろう。20日のドラフトでは即戦力、1位候補も注目だが、将来の主軸になれる可能性がある高校生捕手の動向も楽しみなポイントだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」