野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

少数精鋭でドラフト指名順に影響も? 高まる高校生捕手への注目度

今年のドラフト会議が20日に都内で開催される。ドラフト1位戦線を引っ張るのは創価大・田中正義や桜美林大の佐々木千隼、明治大の柳裕也といった大学即戦力投手たち。

20160903_kuki

注目は即戦力&投手だけじゃない―、スカウトから高評価受ける4人の高校生捕手

 今年のドラフト会議が20日に都内で開催される。ドラフト1位戦線を引っ張るのは創価大・田中正義や桜美林大の佐々木千隼、明治大の柳裕也といった大学即戦力投手たち。そこに履正社の寺島成輝、作新学院の今井達也といった高校生投手も加わってきそうだ。この2人だけでなく、今年の高校生投手には横浜の藤平尚真、広島新庄の堀瑞輝、花咲徳栄の高橋昂也と好素材が揃っており、各球団の動向が注目される。

 ドラフト1位、それも投手たちに注目が集まるが、今回のドラフトで各球団のポイントの一つとなるのが高校生捕手の存在だ。

 最近では打てる捕手が減少傾向にあり、どの球団もこのタイプの選手がほしい。ファームから経験を積ませるが、高校生のうちからプロの配球、リードを学ばせることができれば大きな戦力となるため、強化策においても大きな比重を占める。今年はパ・リーグを制した日本ハムの高卒2年目捕手・清水優心が1軍で5試合に出場するなど、日本ハムは着々と次世代への準備が進んでいる。

 今年は10人の高校生捕手が志望届を提出。中でもスカウトたちから高く評価されているのが4人の捕手だ。どの球団もできれば下位で取りたいが、少数精鋭のため動向次第で順位が繰り上がる可能性もある。

 高校球界ナンバー1捕手は秀岳館の九鬼隆平捕手。春夏甲子園ベスト4の立役者となった。先に行われた「BFA U18アジア選手権」の日本代表にも選ばれ、4番・捕手を務めた。セミファイナルの中国戦では本塁打をマーク。明るいキャラクターでコミニュケーション能力も高く、リーダー性も発揮できる捕手。打者の裏をかくリード面の評価も高く、将来のチームの軸として期待ができる。

人気記事ランキング