野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「世界一」侍ジャパンU-23代表のもう1人のMVP 本田圭佑が見せた存在感

メキシコ、そしてオーストラリアへ…国際的なオフで得る貴重な経験

「外国人を相手にカーブをすごく有効に使えたので、(投げたのは)ほとんど真っ直ぐとカーブだけでした。今までそこまでカーブに自信を持っていなかったけど、今は自信を持って投げられるようになりました」

 日本人打者を相手にするだけでは得られない経験を経て、ピッチングの幅を広げた。今大会を終えた後は、オーストラリアのウィンターリーグに参加し、そこでさらなる成長を求める。決勝戦で対戦したオーストラリア代表の中に、1週間後にはチームメイトになる選手もいたそうだ。オーストラリアでは、引き出しを増やす意味でもチェンジアップの習得に努める。

「(今大会で)カーブが使えるっていうのは分かったんで、その他の球種。球団から、外国人はチェンジアップを教えるのがうまいって聞いてます。それでチェンジアップを投げられるように、と。もう1つの球種をオーストラリアでレベルアップできたらいいと思います」

 メキシコの経験で得た感覚を、オーストラリアでさらに進化させる。国際的なオフを過ごして経験値を積んだ本田圭佑が、1軍先発ローテに定着する日はそう遠くはないのかもしれない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」