野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FA、トレード、助っ人…“主役”は巨人、今オフの補強と強化ポイントは?

2017年シーズンのV奪回に向け、巨人はシーズンオフから積極的な補強を行っている。2015、2016年と2年連続でV逸。中堅が伸び悩み、その選手らを交換要員としながら、トレードも成立した。市場にならぶ投手から、先発、セットアッパーとウィークポイントを埋めてきた。ここまでの補強の動きとポイントを探ってみたい。

ここまで激しい動き見せる巨人、大田らのトレードは1番の大きな衝撃に

 2017年シーズンのV奪回に向け、巨人はシーズンオフから積極的な補強を行っている。2015、2016年と2年連続でV逸。中堅が伸び悩み、その選手らを交換要員としながら、トレードも成立した。市場にならぶ投手から、先発、セットアッパーとウィークポイントを埋めてきた。ここまでの補強の動きとポイントを探ってみたい。

 1番の大きな衝撃となったのが、2008年ドラフト1位の大田泰示と左のセットアッパー候補だった公文克彦を放出し、日本ハムから2012年パ・リーグMVPの吉川光夫と若手の強打者・石川慎吾を獲得した交換トレードだった。

 巨人の今年の先発左腕は田口麗斗、アーロン・ポレダ、内海哲也、今村信貴らが務めた。しかし、今季活躍し、来年も計算できるのは10勝した田口のみ。先発投手が6人必要な中で、右3枚、左3枚をそろえることができれば、交互に起用ができて、相手にとっても脅威となる。吉川が入れば、左腕の層に厚みが増す。また、石川の持っている打撃の破壊力は十分。秋季キャンプ中に行われた実戦でも早速、本塁打を放つなど存在感を見せた。巨人の支配下選手では最年少の外野手。来年2年目を迎える重信慎之介らと若い力でチームを活性化させる狙いもある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」