野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島・野村、阪神・高山ら輩出 明大監督が「技術以上に重視するモノ」

2016年シーズン最多勝、ベストナインに選ばれた広島の野村祐輔投手や、セ・リーグ新人王を獲得した阪神、高山俊外野手など多くのプロ選手を輩出している明治大学野球部。その名門野球部を率いるのは善波達也監督(54)だ。明治大学を卒業後、東京ガスなどを経て2004年から明治大学野球部コーチ、2008年から監督を務め、今年で9年目となる。その善波監督に、指導方法で気を付けていることやプロで活躍する卒業生、部員たちへの想いなどを聞いた。

「今シーズンはやるな」―、教え子の躍進を予感

 2016年シーズン最多勝、ベストナインに選ばれた広島の野村祐輔投手や、セ・リーグ新人王を獲得した阪神、高山俊外野手など多くのプロ選手を輩出している明治大学野球部。今年のドラフトでも柳裕也投手が中日から1位指名、星知弥投手がヤクルトから2位指名を受けるなど計4名がプロ入りした。

侍ジャパンU-12代表がアジア王者へ白星発進 先発・宇地原が完璧投球(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 その名門野球部を率いるのは善波達也監督(54)だ。明治大学を卒業後、東京ガスなどを経て2004年から明治大学野球部コーチ、2008年から監督を務め、今年で9年目となる。その善波監督に、指導方法で気を付けていることやプロで活躍する卒業生、部員たちへの想いなどを聞いた。

 今シーズン最多勝となる16勝を挙げた野村は、毎年母校のグラウンドで自主トレを行う。今年初め、その教え子の自主トレを見た善波監督は「今シーズンはやるな」と感じたという。

「真っ直ぐの質が良くなっていました。『今年は14勝いけるぞ。それを目標に頑張れ』と言ったんですが、それを超えて16勝しましたね」

 新人王を獲得した高山については「新人の中で一番注目された選手だと思います。それでもよく結果を残してくれた」と話す。また、昨年のドラフト2位で高山と同じく阪神に入団し、今シーズン28試合に出場した坂本誠志郎捕手は大学でもキャプテンを務めた存在だった。

人気記事ランキング