野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

観客動員の低迷が契機に 西武がファンクラブ企画に託す思いとは

オフシーズンに突入したプロ野球は各球団で早くも2017年シーズンのファンクラブ会員の入会募集が始まっている。毎年豊富な入会特典が特長の埼玉西武ライオンズのファンクラブは、2017年度も年会費1万円の「ハイグレード会員」につく特典として内野指定席引換券2枚(7000円相当)のほか、オフィシャルサプライヤー「マジェスティック」製のリュックやパーカーなど3点の記念品が選択でき、さらにファンクラブ特典向けに収録されたオリジナルDVDとファンブック(1290円相当)がつくという豪華な内容となっている。

豊富な特典内容も魅力、埼玉西武が進めるファンクラブへの取り組み

 オフシーズンに突入したプロ野球は各球団で早くも2017年シーズンのファンクラブ会員の入会募集が始まっている。毎年豊富な入会特典が特長の埼玉西武ライオンズのファンクラブは、2017年度も年会費1万円の「ハイグレード会員」につく特典として内野指定席引換券2枚(7000円相当)のほか、オフィシャルサプライヤー「マジェスティック」製のリュックやパーカーなど3点の記念品が選択でき、さらにファンクラブ特典向けに収録されたオリジナルDVDとファンブック(1290円相当)がつくという豪華な内容となっている。

 なぜ埼玉西武のファンクラブ特典は、このように豊富な内容になったのだろうか。ファンクラブ運営を担当する西武ライオンズ事業部の吉田康治さんに聞いた。

 埼玉西武は、チームの成績不振も影響し2007年度に観客動員数が大幅に減少このことをきっかけに2008年度にファンクラブ中心に様々な取り組みが始まった。

「ライオンズには、以前から『友の会』というファン組織があり、多くの方々にご入会いただいておりました。球団としましても『友の会』を通して、多くのファンの皆さまとともに、球団経営を進めていきたいという文化がありました。『友の会』改め『ファンクラブ』となった現在も、ファンの皆さまにお楽しみいただけるよう、イベントなど様々な企画を考えております」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」