野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元阪神・呉昇桓はMLBトップクラスのリリーバー!? 年俸18億円の価値か

元阪神・呉昇桓はMLBトップクラスのリリーバー!? 年俸18億円の価値か

メジャー1年目からカージナルスで大活躍を見せ、クローザーに定着した元阪神の呉昇桓投手。9月には、30試合を締めくくれば契約延長という条件をクリア。来季は2年目のシーズンを迎える右腕について、米メディアはリリーバーとしてメジャートップクラスの年俸18億円の価値があると評価している。

来季は基本年俸3億円、地元メディア「でかした、モゼリアックGM」

 メジャー1年目からカージナルスで大活躍を見せ、クローザーに定着した元阪神の呉昇桓投手。9月には、30試合を締めくくれば契約延長という条件をクリア。来季は2年目のシーズンを迎える右腕について、米メディアはリリーバーとしてメジャートップクラスの年俸18億円の価値があると評価している。

 呉昇桓は今季、76試合に登板して6勝3敗19セーブ14ホールド、防御率1.92と圧巻の成績をマーク。79回2/3を投げて103奪三振18四球、WHIP(1イニングあたりの四死球+被安打)0.916と、まさに獅子奮迅の活躍を見せた。中継ぎとして開幕を迎えたが、ローゼンタールの不調により、シーズン途中からはクローザーに昇格した。

 地元メディア「KangarooCourtSTL.com」は、呉昇桓についての特集記事を掲載。その中で「2年目(2017年)の契約詳細は不明だが、カージナルスが彼を安価にキープできることは確かなようだ。でかした、ミスター・モゼリアック(GM)。しかし、2017年以降はどうなんだ?」と疑問を投げかけている。

 呉昇桓の来季の基本年俸は、275万ドル(約3億1600万円)となっている。これに出来高も付くが、確かにメジャーリーガーとしては安い。今オフには、アロルディス・チャプマン投手、ケンリー・ジャンセン投手、マーク・メランソン投手がFAとなり、リリーバーの「ビッグ3」と称されたが、争奪戦となって契約総額も上昇した。

 まずは、メランソンがジャイアンツと4年総額6200万ドル(約71億3000万円)で契約。これは契約総額、そして年平均額(1550万ドル=約18億円)ともにMLBリリーバー史上最高だった。しかし、その後、チャップマンの半年ぶりのヤンキース復帰が決定。5年総額8600万ドル(約99億円)で合意し、すぐに史上最高額を更新した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」