野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • SB松坂&五十嵐、巨人3選手、楽天森も…中南米WLでの日本人選手成績は?

SB松坂&五十嵐、巨人3選手、楽天森も…中南米WLでの日本人選手成績は?

オフシーズン恒例の話題といえば、日本人選手のウインターリーグ派遣。台湾ではNPBイースタン選抜、NPBウエスタン選抜が出場し、若手が躍動している。

昨年は筒香がドミニカでプレー、今年収穫を掴んで帰国する選手は?

 オフシーズン恒例の話題といえば、日本人選手のウインターリーグ派遣。台湾ではNPBイースタン選抜、NPBウエスタン選抜が出場し、若手が躍動している。

“日替わりヒーロー”誕生の侍ジャパンU-12代表 開催国・中国を撃破し、決勝進出なるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 一方で、過酷な環境で奮闘しているのが、中南米のカリビアンリーグに派遣されている選手たちだ。チーム単位ではなく、1~3人程度で“武者修行”に出て、心身ともに己を鍛え上げている。今オフは、ソフトバンクの松坂大輔投手、五十嵐亮太投手といったベテラン勢の“志願“の参戦も話題となった。

 昨オフは、侍ジャパンの4番候補でもあるDeNAの主砲・筒香嘉智外野手がドミニカ共和国のウインターリーグに参加し、10試合出場で34打数7安打6四死球8三振の打率.206、0本塁打、2打点。成績は決して良くはなかったが、確かな収穫を得て帰国し、今季は44本塁打、110打点でセ・リーグ2冠に輝いた。

 今年のウインターリーグも佳境を迎え、五十嵐は12月上旬とされていた当初の予定通りすでに帰国。日本ハムと契約し、6年ぶりに日本球界に復帰することが決まった村田透もベネズエラでプレーしていたが、帰国して入団会見などに臨んだ。今オフもきっかけを掴んで来季へとつなげる選手は出てくるのか。現時点での各選手の成績を見てみたい。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中