野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム斎藤佑「怪我は一番よくない」 早大出身選手が参加したイベントの意味

ソフトバンクの和田毅投手、日本ハムの斎藤佑樹投手、有原航平投手、DeNAの須田幸太投手、ロッテの中村奨吾内野手ら早大出身の選手が11日、早大野球部グラウンドの安部球場、早大準硬式野球場で行われたイベント「Hello! WASEDA “プレイボール プロジェクト” ~野球を始めよう、楽しもう、学ぼう~」に参加した。

早大Gで「野球を遊びと考える」イベント、SB和田や日ハム有原らが参加

 ソフトバンクの和田毅投手、日本ハムの斎藤佑樹投手、有原航平投手、DeNAの須田幸太投手、ロッテの中村奨吾内野手ら早大出身の選手が11日、早大野球部グラウンドの安部球場、早大準硬式野球場で行われたイベント「Hello! WASEDA “プレイボール プロジェクト” ~野球を始めよう、楽しもう、学ぼう~」に参加した。

 このプロジェクトは、野球をやる子どもたちが減っているという危機感から早稲田大学若手OB有志が中心となり、野球を遊びと考え、まずは野球に触れてもらい好きになってもらおうという考えのもとに行われている。

 早稲田大学野球部OBで、日本ハムの大谷翔平投手のスカウトも担当した大渕隆スカウトは「大人が試合に勝ちたくて、勝利至上主義になってしまっている。大人が子供たちの野球を奪ってしまっている。野球を遊びに戻したい」と今プロジェクトの趣旨を説明した。

 この日行われたのは、初心者でも野球の楽しさを感じられる特別ルールのゲーム。チーム対抗にせず、表彰式では「三振賞」が表彰されるなど、勝ち負けにこだわらず楽しめる内容になっており、参加選手も試合中に指導するのではなく、子供たちと一緒に楽しむ姿が見られた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」