野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 上原浩治と合意のカブスは今オフの「勝者」 「巧みに働いてくれるはず」

上原浩治と合意のカブスは今オフの「勝者」 「巧みに働いてくれるはず」

メジャーリーグでは、オフ最大のイベントであるウインターミーティングが8日(日本時間9日)に終了した。期間中は例年以上に活発な動きがあり、FA市場の目玉だったマーク・メランソン投手がジャイアンツ、アロルディス・チャプマン投手がヤンキースと契約。さらに、ホワイトソックスのエースだったクリス・セール投手のレッドソックスへのトレードが決まるなど、チームによって“明暗”が分かれた。

米メディアが「勝者」と「敗者」を選別、剛腕守護神を獲得のヤンキースは「敗者」?

 メジャーリーグでは、オフ最大のイベントであるウインターミーティングが8日(日本時間9日)に終了した。期間中は例年以上に活発な動きがあり、FA市場の目玉だったマーク・メランソン投手がジャイアンツ、アロルディス・チャプマン投手がヤンキースと契約。さらに、ホワイトソックスのエースだったクリス・セール投手のレッドソックスへのトレードが決まるなど、チームによって“明暗”が分かれた。

 米CBSスポーツ(電子版)では、ウインターミーティングにおける「勝者」と「敗者」を“選別”。FAだった上原浩治投手らを加えてブルペンを強化し、来季は2年連続の世界一を狙うカブスが、オフでも「勝者」と評価されている。

 記事では、トレードでセールを獲得したレッドソックス、見返りに若手有望株を加えたホワイトソックスともに「勝者」と評価。一方で、リリーバー史上最高額となる5年総額8600万ドル(約99億円)でチャプマンを獲得した田中将大所属のヤンキース、イチロー外野手所属のマーリンズは「敗者」とされた。

 ヤンキースについては、チャプマン獲得を「現在は素晴らしい投手であるが消耗のリスクがある、故障や球速の低下などだ。最高の状態でさえ、チャプマンは弱点を見せる。大量の四球を出し、塁上の選手に苦しめられるのだ」と指摘。長期契約はリスクがあるとの見方だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」