野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

25年ぶりV広島、主力の契約更改が本格スタート 1億円プレーヤー続出するか

25年ぶりの優勝に貢献した広島の主力の契約更改が本格的にスタートする。球界最高年俸(6億円)だった黒田博樹が今季限りで引退。ほかに1億円超えは日本人では石原慶幸だけだったが、今オフは複数の1億円プレーヤーの誕生が予想される。

ここまでは丸が5500万円増の1億4000万円で更改

 25年ぶりの優勝に貢献した広島の主力の契約更改が本格的にスタートする。球界最高年俸(6億円)だった黒田博樹が今季限りで引退。ほかに1億円超えは日本人では石原慶幸だけだったが、今オフは複数の1億円プレーヤーの誕生が予想される。

 ここまで目立つところでは丸佳浩が5500万円増の1億4000万円で更改。「3番・中堅」で全試合に出場し、打率.291、20本塁打、90打点。本塁打、打点でキャリアハイの数字を残し、大幅アップを勝ち取った。

 また守護神として34セーブ、防御率1.32の成績を記録した中崎翔太は4300万円増の8500万円。大台には届かなかったがほぼ倍増となった。

 今後、更改が予定される主な選手は以下の通り。(※金額は推定)

○野村祐輔(27歳。今季年俸5200万円)
16勝3敗、防御率2.71

 ジョンソンを上回る16勝で最多勝、最高勝率を獲得。ベストナインも受賞した。1億円に届くか注目が集まる。

○石原慶幸(37歳。今季年俸1億円)
打率.202、0本塁打、17打点

 抜群のインサイドワークで投手陣から絶大な信頼を集めるベテランは、ゴールデン・グラブ賞、ベストナインを初受賞。3年契約が切れる今オフ、どのような契約を結ぶのか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」