野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 躍進の若手に大幅アップ査定、減額も続々…V逸ホークスの契約更改投手編

躍進の若手に大幅アップ査定、減額も続々…V逸ホークスの契約更改投手編

去る12月22日。松田宣浩がヤフオクドーム内にある球団事務所で契約交渉を行い、FA権を行使して残留した昨オフに結んだ4年契約に基づき、年俸4億円で来季の契約を更改した。大逆転を食らい、世紀のV逸を喫した16年のオフ。ソフトバンクはこの松田を最後に、プエルトリコ・ウインターリーグに参戦していた松坂大輔を除いた日本人全選手の契約更改交渉を終了させた。

20170105_takeda

悲喜こもごもだったソフトバンクの契約更改

 去る12月22日。松田宣浩がヤフオクドーム内にある球団事務所で契約交渉を行い、FA権を行使して残留した昨オフに結んだ4年契約に基づき、年俸4億円で来季の契約を更改した。大逆転を食らい、世紀のV逸を喫した16年のオフ。ソフトバンクはこの松田を最後に、プエルトリコ・ウインターリーグに参戦していた松坂大輔を除いた日本人全選手の契約更改交渉を終了させた。

 V逸を喫した16年。目立った活躍を見せた選手は増額を勝ち取る一方で、1軍でそれなりの数字を残しながらも、ダウン提示を受けた選手も相当数いた。悲喜こもごもだったソフトバンクの契約更改。投手、野手に分け、笑った選手、泣いた選手を振り返ってみる。まず投手編。アップを勝ち取った主な選手は以下の通りだ。(※金額は推定)

○武田翔太(7000万円→1億2000万円 5000万円増)

 投手陣の中で高く評価された筆頭が、武田だ。昨季は1年間ケガなくローテを守りきり、自己最多を更新する14勝をマーク。2年連続の2桁勝利をマークしたことで、大台の1億円を突破した。侍ジャパンのメンバーにも安定して選ばれるようになっており、名実ともに球界を代表する投手へと成長しつつある。

○千賀滉大(2500万円→6500万円 4000万円増)

 アップ率でいえば、武田をも上回る数字となったのが千賀だ。これまで中継ぎが主戦場だった右腕は先発に転向。150キロを超えるストレートと「お化けフォーク」と称される大きな落差を誇るフォークを武器に12勝をマークした。勝利数もさることながら、負け数がわずかに3つ。1人で9つの貯金を生み出した。惜しむらくは、あと1勝というところで最高勝率のタイトルを逃したこと(最高勝率の獲得は13勝以上が条件)。アップ率は全選手でトップの160%増だった。

人気記事ランキング