野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • WBC4大会連続出場が確実な“選ばれし”6選手 メジャーで成功した鉄人揃い

WBC4大会連続出場が確実な“選ばれし”6選手 メジャーで成功した鉄人揃い

今年3月に4回目を迎えることになったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。オリンピックに代わる野球世界一決定戦を目指し、2006年にから始まった国際大会は、回を追う毎に盛り上がりを増している。記念すべき第1回大会と2009年に行われた第2回大会で連覇した日本代表は、前回大会は準決勝で敗れる悔しさを味わったが、今回は2大会ぶりの王座奪還を狙っている。

20170106_-cabrera

侍ジャパンでは内川が第2回から3大会連続出場、ベネズエラでは…

 今年3月に4回目を迎えることになったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。オリンピックに代わる野球世界一決定戦を目指し、2006年にから始まった国際大会は、回を追う毎に盛り上がりを増している。記念すべき第1回大会と2009年に行われた第2回大会で連覇した日本代表は、前回大会は準決勝で敗れる悔しさを味わったが、今回は2大会ぶりの王座奪還を狙っている。

 日本代表・侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督は、昨年12月に19人のメンバーを先行発表した。その中には、第2回から3大会連続出場する内川聖一外野手(ソフトバンク)、第1、2回大会に続き3度目の出場となる青木宣親外野手(アストロズ)の名前がある。3大会出場でも称賛すべきことだが、世界に目を向けると、さらに上を行く選手がいた。WBC公式サイトでは「4度目のWBCを狙う選ばれし6人」と題した記事を掲載。第1回から今年の第4回まで“皆勤出場”が確実な6選手を紹介している。

 トップバッターは、ベネズエラ代表の主砲ミゲル・カブレラ(タイガース)だ。第1回大会時に23歳だったカブレラは、すでに当時在籍したマーリンズの若手スターとして注目を集め、代表チームでもクリーンアップを任されていた。それからメジャーを代表する好打者に成長。2012年には打率(.330)、本塁打(44)、打点(139)の3冠王に輝き、メジャー最高の打者の座を確実なものとした。WBCでも勝負強さを発揮。通算17試合に出場し、打率.270、5本塁打、12打点をマーク。記事では、昨年7月に地元紙「デトロイト・フリープレス」に語った言葉を引用。「(WBCが)唯一ベネズエラという国名の入ったユニフォームが着られる時。だから、ベネズエラを代表できることを本当に誇りに思う」と代表入りに掛ける熱い思いを語っている。

人気記事ランキング