野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャー555発M・ラミレスと1年契約で合意 高知オーナーに聞く交渉の舞台裏

メジャー555発M・ラミレスと1年契約で合意 高知オーナーに聞く交渉の舞台裏

インディアンス、レッドソックスなどで活躍したマニー・ラミレス外野手(44)が8日(日本時間9日)、独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知と契約合意に達した。メジャー555本塁打を誇る強打者は自ら日本でのプレーを希望。長期間の交渉を経てこの日、1年契約で合意に達した。メジャーを代表する超大物スラッガーとの交渉の舞台裏はどのようなものだったのか。現地で交渉にあたった高知の北古味鈴太郎オーナーに話を聞いた。

20170109_ramirez2

“史上最強級”助っ人はなぜ四国IL高知に? 舞台裏と描く野望

 インディアンス、レッドソックスなどで活躍したマニー・ラミレス外野手(44)が8日(日本時間9日)、独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知と契約合意に達した。メジャー555本塁打を誇る強打者は自ら日本でのプレーを希望。長期間の交渉を経てこの日、1年契約で合意に達した。メジャーを代表する超大物スラッガーとの交渉の舞台裏はどのようなものだったのか。現地で交渉にあたった高知の北古味鈴太郎オーナーに話を聞いた。

 今回、米フロリダでの交渉を行ったのは北古味オーナー、北古味潤副社長、そして同球団に所属するザック・コルビー内野手と通訳だった。昨秋、同球団がアメリカでトライアウトを行ったのをきっかけにラミレス側がその存在を知り、“逆オファー”してきたという。その後の交渉で大きな役割を担ったのがコルビーだった。この1か月弱の間、ラミレス本人や代理人とコルビーが電話でやり取りするようになり、交渉を継続。今回の話し合いにも加わったという。

 初の直接交渉となったこの日は現地のバッティングセンターで待ち合わせて交渉を実施。ラミレスが打撃練習をしながらの話し合いとなり、3~4時間に及んだという。

「彼自身もすごく野球をやる場所を探しているようでした。とにかく野球がやりたいんだという印象を受けました。本当に野球少年のようで、最初は野球の話しかしませんでした。ここまで来てくれてありがとうと感謝されました」

人気記事ランキング