野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米国選手が大谷に例えられる時代に…ドラ1候補は「オオタニの米国版」

米国選手が大谷に例えられる時代に…ドラ1候補は「オオタニの米国版」

若き二刀流のスーパースターとして、海外でもその名を轟かせている日本ハムの大谷翔平投手。アメリカのドラフト1位候補が現地メディアで「ショウヘイ・オオタニのアメリカのアマチュア版」と紹介されるほど、知名度は高まりを見せている。

最速158キロの投手兼遊撃手、高校生右腕初の全体1位指名も

 若き二刀流のスーパースターとして、海外でもその名を轟かせている日本ハムの大谷翔平投手。アメリカのドラフト1位候補が現地メディアで「ショウヘイ・オオタニのアメリカのアマチュア版」と紹介されるほど、知名度は高まりを見せている。

「MLBはアフリカ系アメリカ人投手を魅了しようとしている。グリーンはそのモデルになるかもしれない」と特集したのは、米地元紙「USAトゥデー」だ。

 記事によると、6月のMLBドラフト会議で全球団が注目しているのはハンター・グリーン投手(ノートルダム高校)。MLBがカリフォルニア州に創設した育成組織「アーバン・ユース・アカデミー」に通っていた逸材と紹介している。

 身長195センチ、体重93キロという恵まれた体格を誇り、98マイル(約158キロ)の速球とスライダーとチェンジアップを武器とするグリーンは、高校生右腕としては初の全体1位指名の呼び声も上がっているという。

 特集では、アメリカのスーパー高校生を日本球界の至宝に例えている。「彼はアメリカのアマチュアバージョンのショウヘイ・オオタニだ。この国に上陸することになれば、球界で最も高給となる選手の1人になるであろう日本の二刀流のスターだ」と伝えている。

人気記事ランキング