野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大の去就に議論過熱 ヤ軍対応に反応様々「トレードすべき」「反対」

田中将大の去就に議論過熱 ヤ軍対応に反応様々「トレードすべき」「反対」

ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが田中将大投手との契約延長交渉に着手していないと発言したことを受け、米国内で議論が沸き起こっている。

San Francisco Giants v New York Yankees

現地で議論が過熱する田中将大の去就

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが田中将大投手との契約延長交渉に着手していないと発言したことを受け、米国内で議論が沸き起こっている。

 3年前のオフに楽天からポスティングを経てヤンキースに移籍。7年総額1億5500万ドル(約179億円)の大型契約を結んだ。ただその中には選手サイドが途中で契約を破棄できる条項(オプトアウト)が盛り込まれており、田中は2017年シーズン終了後にその権利を手にすることになる。

 早くも1年後の動向が注目され始めている右腕について、先日、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが今季中の契約延長交渉を行わない方針を明らかにしたと現地メディアが報じた。ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」によると、同GMは交渉を否定した上で、「彼が素晴らしいシーズンを送れたらいいね。そこで彼は(オプトアウトするかどうかを)決断をするだろう。彼が決断しないのなら、(契約破棄は)しないということだろう」と話したという。

 これを受け、交渉を行わないならトレードすべきとの論調で報じたのは米メディア「リバー・アベニュー・ブルース」だ。米CBSスポーツなどで原稿を執筆しているマイク・アクシサ氏が「ヤンキースがタナカとの契約延長を望まないなら、すぐに彼をトレード市場に出すべきだ」との見出しで“提言”した。

人気記事ランキング