野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグTV
  • 米国で注目高まる「eスポーツ」 スポーツに新たな価値を加える可能性も

米国で注目高まる「eスポーツ」 スポーツに新たな価値を加える可能性も

米国ではスポーツ界のネクストウェーブとして「eスポーツ」への注目度が高まっている。各プロリーグ、そしてチームもeスポーツがもたらすビジネスチャンスに注目し、提携を結ぶなど動きが活発に。NBAのヒューストン・ロケッツは、プロスポーツチームで初めてeスポーツ事業を担当する人材をフロントに雇用した。

20170108_ohtani3

日本でも「eスポーツ」のイベントに選手が参加し、空想と現実の世界が融合

 米国ではスポーツ界のネクストウェーブとして「eスポーツ」への注目度が高まっている。各プロリーグ、そしてチームもeスポーツがもたらすビジネスチャンスに注目し、提携を結ぶなど動きが活発に。NBAのヒューストン・ロケッツは、プロスポーツチームで初めてeスポーツ事業を担当する人材をフロントに雇用した。

 eスポーツの可能性には野球界も着目している。MLB30球団の出資によって設立された「MLBアドバンスド・メディア」が所有する動画配信会社のBAMテックは、人気ゲーム「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」を開発したライアットゲームズと約340億円に及ぶ契約に合意し、大会等の放映権を獲得した。MLBが持つビデオストリーミングのプラットフォームを活用。すでに世界選手権が6度開催されている「リーグ・オブ・レジェンド」という新たなコンテンツを取り入れることとなった。

 日本ではまだeスポーツがプロ野球球団と本格的に契約を結ぶ動きは見られていないが、先日はeスポーツ大会の「パワプロフェスティバル2016」が開催され、パ・リーグからは北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、東北楽天ゴールデンイーグルスの小関翔太、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾、千葉ロッテマリーンズの高濱卓也、オリックス・バファローズの駿太、福岡ソフトバンクホークスの福田秀平、川島慶三と合計7人の選手が参加。選手たちがゲームで対決するなど、空想と現実の世界が融合を果たした。

 こういったイベントだけではなく、テレビゲームは試合を盛り上げる演出面ですでに活用されている。東北楽天ゴールデンイーグルスは、昨シーズンの6月10日に「ファミスタナイター」をKoboスタ宮城で開催した。ファミリースタジアムの発売から30周年を記念し、オリジナルTシャツをセットとしたチケットを販売。そして、試合中の場内ビジョンや音楽もこの日限定の「ファミスタナイター」仕様にするなど試合を盛り上げた。

人気記事ランキング