野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 来年殿堂入り有資格1年目の元楽天AJと松井秀喜 米メディアの当落予想は?

来年殿堂入り有資格1年目の元楽天AJと松井秀喜 米メディアの当落予想は?

先日18日(日本時間19日)に2017年度の米野球殿堂入り選手が発表されたばかりだが、現地ではすでに来年以降の殿堂入り選手の予想が始まっている。MLB公式サイトでは、来年有資格1年目を迎える元ヤンキースの松井秀喜氏と楽天で活躍したアンドリュー・ジョーンズ氏の明暗が分かれると予想している。

ゲレーロ、ホフマン、C・ジョーンズは“当確”予想

 先日18日(日本時間19日)に2017年度の米野球殿堂入り選手が発表されたばかりだが、現地ではすでに来年以降の殿堂入り選手の予想が始まっている。MLB公式サイトでは、来年有資格1年目を迎える元ヤンキースの松井秀喜氏と楽天で活躍したアンドリュー・ジョーンズ氏の明暗が分かれると予想している。

 2018年度の殿堂入り選手として選出される大本命と目されているのは3人だ。来年有資格1年目を迎える通算468本塁打のチッパー・ジョーンズ氏(ブレーブス)、通算449本塁打のブラディミール・ゲレーロ氏(エンゼルスなど)、歴代2位・通算601セーブのトレバー・ホフマン氏(パドレスなど)で、いずれも史上に名を残す活躍を見せた名選手だ。

 キャリア通算WARが85.0に達するC・ジョーンズは「有資格1年目の選出が確実」と太鼓判を押されている。WARとは打撃、守備、走塁、投球などを総合的に評価して選手の勝利に対する貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表す。現在、選手を評価する指標として最も重視されているものの1つだ。

 ホフマン氏とゲレーロ氏は、今年の得票率がそれぞれ74パーセント、71・7パーセントで、選出の条件となる75パーセントをわずかに満たせず。だが、来年はC・ジョーンズ氏とともに、当落ラインを超えると見られている。

人気記事ランキング