野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤ軍は田中将大を「頼りにしてる」 契約破棄せず契約延長でも年俸30億円に!?

ヤ軍は田中将大を「頼りにしてる」 契約破棄せず契約延長でも年俸30億円に!?

ヤンキースのエース右腕の去就に開幕前から注目が集まっている。

オプトアウトの権利持つ右腕についての議論やまず、「エースに求めるすべてを兼ね備えてる」

 ヤンキースのエース右腕の去就に開幕前から注目が集まっている。2014年から7年総額1億5500万ドル(約178億円)の大型契約を結んでいる田中将大投手は、今季終了後に契約を破棄してFAになれるオプトアウトの権利を保持。そのため、ヤンキースがどのような動きに出るのか、予測する記事が目立つ。

稲葉監督就任の侍ジャパン、注目の初陣 馬原孝浩氏が「非凡なセンス」感じる若手候補は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 開幕前に契約延長交渉を行うといったものや、田中をトレードに出して代わりに若手有望株を獲得するといったものまで、その内容は様々。田中がFAになる前に、何らかの手を打たなくてはいけないとする意見が多い。そんな中、米スポーツサイト「エリート・スポーツNY」では、かつてのエース左腕CC・サバシアの例を挙げ、ヤンキースに熟考を促している。

 記事では、今季で加入4年目を迎える日本人右腕について「ニューヨーク・ヤンキースのマサヒロ・タナカは球団がエースに求めるすべてを兼ね備えている」と絶賛。田中は昨季、31試合に登板して199回2/3を投げ、14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.08をマーク。先発ローテーションの大黒柱としての立場を確立した。

「昨シーズン、この右腕は199回2/3を投げた。(ヤンキースでは)2014年のヒロキ・クロダ以降、最も多い。アメリカンリーグ所属の先発投手中、防御率は3位(3.07)だった。多くの人は、(GMの)ブライアン・キャッシュマンがアロルディス・チャプマンと同様の契約を結ぶと考えている。有望株のために、田中をデッドラインでトレードに出し、来オフシーズンに再契約を行うのだ」

 ヤンキースは昨季、シーズン終了後に契約満了となるチャプマンを7月のトレード期限前にカブスに放出。代わりに若手有望株を獲得した。そして、シーズン終了後にFAとなったチャプマンと5年総額8600万ドル(約98億5500万円)で再契約。田中についても、同じような方法を取るのではないかとの声が多いという。

人気記事ランキング