野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FA、助っ人、トレード、入団テスト、新人… パ・リーグの新戦力選手一覧

今から約1か月後の2月25日。2017年のオープン戦が始まり、3月31日にはいよいよセ・パ公式戦の開幕戦が行われる。先日、スケジュールが発表された春季キャンプ、3月に開催される「第4回ワールド・ベースボール・クラシック」など、冬季の野球ファンの無聊を慰めるイベントは切れ目がないが、ペナントレースはまた別格の楽しみだろう。そこで、新シーズンを戦うパ・リーグの新戦力選手たちを紹介していきたい。

最も多く選手を補強した球団は? 連覇狙う日ハムは投手王国を築けるか

 今から約1か月後の2月25日。2017年のオープン戦が始まり、3月31日にはいよいよセ・パ公式戦の開幕戦が行われる。先日、スケジュールが発表された春季キャンプ、3月に開催される「第4回ワールド・ベースボール・クラシック」など、冬季の野球ファンの無聊を慰めるイベントは切れ目がないが、ペナントレースはまた別格の楽しみだろう。そこで、新シーズンを戦うパ・リーグの新戦力選手たちを紹介していきたい。()内は前所属。

【北海道日本ハムの新戦力選手】
村田透投手(インディアンス)
堀瑞輝投手(広島新庄高校)
高良一輝投手(九州産業大学)
エドウィン・エスコバー投手(インディアンス)
高山優希投手(大阪桐蔭高校)
公文克彦投手(巨人)
▽2016年成績:12試合0勝0敗、11回2/3、12奪三振、防御率3.86
玉井大翔投手(新日鉄住金かずさマジック)

大田泰示外野手(巨人)
▽2016年成績:62試合114打数23安打、4本塁打、13打点、打率.202
石井一成内野手(早稲田大学)
森山恵佑外野手(専修大学)
郡拓也捕手(帝京高校)
今井順之助選手内野手(中京高校)

 北海道日本ハムは、巨人とのトレードで公文と大田を獲得。大田といえば、昨季6月5日の交流戦で先発・大谷から本塁打を放ったシーンの印象が強烈だ。栗山監督は、「右の大砲と左ピッチャー。喉から手が出るほど欲しかった。キラキラと輝くように、持っているものを1軍で出せるようにしてあげたい」と、2人に大きな期待を寄せる。

 昨季、北海道日本ハムのチーム防御率は12球団トップの3.06。公文、村田、エスコバーなどの新戦力を加え、球界屈指の新たな投手王国が構築されつつある。「勝って兜の緒を締める」心境で、2年連続のリーグ制覇に向けた準備は万端だ。

【楽天の新戦力選手】
岸孝之投手(埼玉西武)
▽2016年成績:19試合9勝7敗、130回1/3、104奪三振、防御率2.49
藤平尚真投手(横浜高校)
池田隆英投手(創価大学)
フランク・ハーマン投手(フィリーズ)
菅原秀投手(大阪体育大学)
森原康平投手(新日鉄住金広畑)
高梨雄平投手(JX-ENEOS)
鶴田圭祐投手(帝京大学準硬式)
西口直人投手(甲賀健康医療専門学校)
小山雄輝投手(巨人)
▽2016年成績:9試合0勝1敗1ホールド、13回、12奪三振、防御率4.85
野元浩輝投手(佐世保工業高校)
千葉耕太投手(花巻東高校)
木村敏靖投手(履正社医療スポーツ専門学校)

細川亨捕手(福岡ソフトバンク)
▽2016年成績:49試合93打数21安打、1本塁打、6打点、打率.226
石原彪捕手(京都翔英高校)
南要輔内野手(明星大学)
向谷拓巳内野手(兵庫ブルーサンダーズ)
田中和基外野手(立教大学)

 楽天は、トレードとFAなどで小山、岸、細川を獲得。昨季、チームで2桁勝利を挙げた投手は、3年連続で奪三振王に輝いた則本ただ一人。美馬や釜田など、10勝できるポテンシャルのある投手はいるが、投手を含めた守備力が課題であると言われていた。その補強ポイントにピタリとハマる新加入選手たちだと言えるだろう。

 また、岸と細川は、埼玉西武がパ・リーグ、日本シリーズ、さらにアジアシリーズを制覇した2008年にバッテリーを組んでいた。楽天の本拠地である東北は、両選手の故郷でもある。投手として、捕手としての実績や経験も十分な2人であるが、なじみ深い場所ではまた新鮮な心持ちでプレーできることだろう。

人気記事ランキング