野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

通算13発すべてソロ、登録名&背番号変更…奮起待たれるDeNAのドラ1たち

昨季、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたDeNA。戦力になりきれなかった元ドラ1戦士もいる。果たして、19年ぶりのリーグ優勝へ巻き返しはなるのか。かつての筒香と同様に覚醒が待たれるのが、5年目の白崎浩之だ。

20170126_shirasaki

筒香、今永、須田、活躍するドラ1も…覚醒待たれる“逸材”は?

 昨季、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたDeNA。その立役者となったのが、4番の筒香嘉智。09年のドラフト1位で入団以来、期待され続けた「ハマの大砲」がついに覚醒し、打線をけん引した。投手陣を見ても、05年の高校生1位・山口俊がチームトップの11勝、15年1位・今永昇太はルーキーながら8勝、10年1位・須田幸太がチーム最多の62試合登板するなど、大きく貢献した一方、戦力になりきれなかった元ドラ1戦士もいる。果たして、19年ぶりのリーグ優勝へ巻き返しはなるのか。

 かつての筒香と同様に覚醒が待たれるのが、5年目の白崎浩之だ。

 駒大の大先輩である中畑監督(当時)の期待を受け、12年にドラフト1位で入団。パンチ力のある大型ショートとして注目されていたが、歯がゆいシーズンが続いた。毎年のようにレギュラー候補と目され、昨季から指揮を執ったラミレス監督も「1番・三塁」として構想を描いていたが、出場92試合で打率.207、6本塁打、12打点と定位置をつかめなかった。

 打撃練習での飛距離は抜群で、潜在能力は間違いない。課題は勝負強さだろう。デビュー以来、13本塁打がすべてレフトスタンドへのソロという珍記録に象徴されるように、ここぞの場面での勝負強さを身に着けたいところ。

「試合に出られるなら」と昨秋の秋季キャンプでは本職のサードだけでなく、セカンドに挑戦していた。セカンド、サードには昨季5番を打った宮崎がいるが、あとはエリアン、シリアコ、石川、田中浩ら流動的なだけに、背番号6の素質が花開けば、チームにとって大きな戦力となるのは間違いない。

人気記事ランキング