野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今年ブレイク必至 恩師が語るオリックス吉田正尚、フルスイングの秘話

マイペースだった吉田の意識を変えた2人の存在とは

20170126_yoshida2
青山学院大時代のオリックス・吉田正尚【写真提供:善波厚司監督】

「ティーバッティングの時、バランスボールの上に座って打ったりしていました。自分でいろいろ情報収集をしながら、上手くなろうと実践していたんだと思います。『こういうやつがプロに行くんだろうな』と、その頃から感じていました。」

 チーム内では非常にマイペース。「自分が野球をやっていればいい」という雰囲気だった吉田が変わったのは、4年の春、第28回ユニバーシアード競技大会の大学日本代表選考合宿に参加してからだ。

「後に本人が話していましたが、選考合宿に参加していた茂木栄五郎(早大、現楽天)、高山俊(明大、現阪神)選手が、とにかく野球に対しての取り組み姿勢が真摯で一生懸命だったようです。代表には3年連続で選出されていましたが、4年になり、プロを目指している2人の姿を見て、意識が変わったと思います。チームに戻ってからも、後輩に『こういう投げ方をした方がいい』など、アドバイスをするような声も出るようになりました」

 リーグ戦でのプレーも、あまり好不調の波がなくなり、常に安定した結果を出し、風格も出てきたと善波監督は話す。

「3割5分を打っていた時期もあったのですが、チャンスで力んで打てないことが多かった。それが4年のリーグ戦では、チャンスで打つようになったんです。非常に勝負強くなりました」

 ユニバーシアードでは全試合で4番を打ち、チームトップとなる5打点の活躍。金メダル獲得に貢献した。プロ入りを間近に控えた選手たちの姿を目の当たりにして、練習に対する心構えや姿勢、日頃からの行動も変化した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」