野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 米メディアで見方様々 田中将大の好投はヤンキースにとってジレンマか?

米メディアで見方様々 田中将大の好投はヤンキースにとってジレンマか?

メジャー各球団が新シーズンへの準備を進める中、ヤンキース・田中将大投手を取り巻く話題が後を絶たない。2017年シーズン終了後にヤンキースとの契約を破棄する可能性があるためだ。

20160820_tanaka3

注目浴びる田中のメジャー4年目

 メジャー各球団が新シーズンへの準備を進める中、ヤンキース・田中将大投手を取り巻く話題が後を絶たない。2017年シーズン終了後にヤンキースとの契約を破棄する可能性があるためだ。

 右腕は3年前のオフに楽天からポスティングを経てメジャーへ移籍。ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約178億円)の大型契約を結んだ。その際、選手サイドが途中で契約を破棄してFAになれる条項(オプトアウト)が盛り込まれており、田中は新シーズン終了後にその権利を手にする。

 そのため現地でも田中の動向や球団の対応に着目する報道が多く、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMも今月に入り、田中との契約延長交渉を行っていないことを地元メディアに明かしていた。

 その中で先日、今季田中が好投した場合、ヤンキースの将来にとって痛手となると伝えたのがニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」だ。

 田中はメジャー1年目の途中で右肘を負傷し、2年目も規定投球回に届かなかったが、3年目の昨季に飛躍。31登板で199回2/3を投げ、14勝4敗、165奪三振、防御率3.07の好成績を収めた。3シーズン通算でも75登板で39勝16敗、防御率3.12と勝率は際立っている。

人気記事ランキング