野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1トリオら若手を多数A組に抜擢したホークス、工藤監督の狙いは?

いよいよファンが待ちわびた球春が到来する。来たる2月1日、プロ野球各球団が各地でキャンプインする。昨季3年連続の日本一を逃したソフトバンクは例年通り、宮崎・生目の杜運動公園でキャンプを張る。約1か月間に渡り、体を鍛え、技を磨く日々を送ることになる。

近年のドラ1トリオらもA組入り、キャンプ組み分けから見える工藤監督の狙い

 いよいよファンが待ちわびた球春が到来する。来たる2月1日、プロ野球各球団が各地でキャンプインする。昨季3年連続の日本一を逃したソフトバンクは例年通り、宮崎・生目の杜運動公園でキャンプを張る。約1か月間に渡り、体を鍛え、技を磨く日々を送ることになる。

 キャンプインに先立ち、30日にキャンプでの組み分けが発表された。ドラフト1位ルーキーの創価大・田中正義や昨季のドラフト1位の高橋純平、一昨季のドラフト1位の松本裕樹と、近年のドラ1トリオが揃ってA組に入り、野手でも今季注目の「ミギータ」こと真砂勇介や釜元豪、そして育成選手の曽根海成もA組スタートとなった。

 その一方で摂津正や五十嵐亮太、松坂大輔といったベテラン組、右肘痛を抱える柳田悠岐はB組でのスタートになった。大部分の主力に加え、多くの若手がA組に名を連ねた今キャンプのメンバー構成。そこには工藤公康監督をはじめ、首脳陣の狙いが透けて見えてくる。

 3年目を迎える工藤体制。当初は今季が契約最終年だった指揮官だが、オフに契約延長に合意。2017年からの3年契約を新たに結び、2019年まで指揮を執ることとなった。球団が指揮官を高く評価したポイントの1つが育成面。昨季は武田翔太が2年連続の2桁勝利を達成し、千賀滉大が12勝、東浜巨も9勝を挙げた。若手が成長し、選手層がより厚みを増してきた。常勝軍団を構築するためには、さらなる戦力拡充、若手の突き上げが求められる。

人気記事ランキング