野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍招集のソフトB・武田、大谷から朝にメール「彼も悔しい。その分、頑張る」

ソフトバンクの武田翔太投手が4日、第4回WBCの参加を辞退した大谷翔平に代わり、最後の侍ジャパンメンバーに召集された。キャンプを訪れた小久保裕紀監督から直々に要請を受けた武田は「一番はチームの勝ちに貢献すること」と強い意気込みを見せた。

20170204_takeda

大谷の代役で緊急招集「一番はチームの勝ちに貢献すること」

 ソフトバンクの武田翔太投手が4日、第4回WBCの参加を辞退した大谷翔平に代わり、最後の侍ジャパンメンバーに召集された。キャンプを訪れた小久保裕紀監督から直々に要請を受けた武田は「一番はチームの勝ちに貢献すること」と強い意気込みを見せた。

 広島・田中広輔の追加招集が発表され、WBCメンバー28人が出そろった1月28日。そこに、武田翔太の名前はなかった。

 しかし、2月3日に小久保監督が右足首を痛めている大谷をメンバーから外すことを明言。4日に訪れたソフトバンクのキャンプ地・宮崎で、工藤公康監督の了承を得て、武田の緊急招集を発表した。武田は会見を開き、侍メンバーとしての意気込みを語った。

「(招集を受けて)素直に喜んでいます。小久保さんからは『先発の一員として考えている』と言われたので、その期待に応えたいなと思いますし、全力を出し切りたいです。WBCは初めてなので、未知数のところはありますが、変化球を織り交ぜながら(外国人打者を)翻弄できればと思います」

人気記事ランキング