野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島の仁義なき戦い…新外国人ペーニャ加入で激化必至の2つの争いとは

4枠を争う6人の外国人、そして三塁の正位置争い…

 今季6年目のエルドレッドは昨季もチームで2番目に多い21本塁打を放つなど、36歳ながらまだまだ衰えず。チームに貴重な長距離砲として欠かせない。昨季沢村賞を受賞したジョンソンは2年連続で圧倒的な数字を残しており、絶対的な存在となった。ジャクソンは昨季チーム最多の67試合に登板したセットアッパー。ヘーゲンズも先発、中継ぎと大車輪の活躍で7勝をマークした。新加入のブレイシアも昨季は3Aで実績を残しており、昨季のジャクソンのような結果が期待される。

 先発ローテの要となるジョンソンは当確として、残り3枠を5人で争う構図になるか。いずれにせよ、非常にレベルの高い争いになりそうだ。

 もう1つの争いは、三塁のレギュラー取りだ。

 仮にペーニャが外国人枠をクリアした場合は、三塁での起用が濃厚。それに対抗する日本人選手の最有力候補は27歳の安部友裕だろう。昨季自己最多の115試合に出場し、打率.282、6本塁打、33打点の成績を残した。今年こそは定位置、の思いも強いはずだ。

 三塁には、ルーキーイヤーの昨季、たぐいまれな打撃センスを見せた西川龍馬や、選手会長を務める小窪哲也もいる。彼らも黙ってはいないはずだ。

 ペーニャの加入によって激化必至の2つの争い。チーム内での競争が活性化することは、2年連続リーグ優勝、そして33年ぶりの日本一を目指す広島にとって、またとない刺激になるだろう。誰が外国人枠を手に入れ、誰が正三塁手になるのか。キャンプで繰り広げられる争いに注目だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」