野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島の仁義なき戦い…新外国人ペーニャ加入で激化必至の2つの争いとは

広島が第6の外国人としてラミロ・ペーニャ内野手の獲得を発表した。これにより2つの激しい争いが加熱することになる。

昨年11月メキシコ代表として来日、新同僚・野村から本塁打を放つ

 広島が第6の外国人としてラミロ・ペーニャ内野手の獲得を発表した。これにより2つの激しい争いが加熱することになる。

 最初にペーニャとはどんな選手か。2009年にヤンキースでメジャーデビューした31歳のスイッチヒッター。昨季はジャイアンツで30試合に出場し、打率.299、1本塁打、10打点を記録。メジャー通算では、7年で341試合に出場し、打率.252、9本塁打、63打点という成績を残した。昨年11月にはメキシコ代表として来日し、日本との強化試合に「2番・遊撃」で出場。第2戦では、チームメートとなる野村祐輔から右翼席へ本塁打を放った。実績から見ると本塁打よりも打率を残すタイプのようだが、ここぞのパンチ力も兼ね備えていると言えそうだ。

 守備は三塁、遊撃、二塁と内野ならどこでもこなせるユーティリティープレーヤーで、わずかながら外野を守った経験もある。メジャー、マイナー通算で55盗塁と脚力もまずまず。メキシコ出身で複数の内野ポジションをこなせるというなら、現在は巨人でプレーするクルーズのようなタイプだろうか。

 そんなペーニャの加入により広島で加熱する1つ目の争いは、外国人枠だ。現在、広島の外国人は野手2人(エルドレッド、ペーニャ)、投手4人(ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、ブレイシア)となっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中