野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「3年くらい、ずっと思っている」―元女房役も待つ早大ドラ1トリオの復活

早実の捕手として、斎藤佑樹投手(日本ハム)とのバッテリーで2006年夏の甲子園を制した白川英聖さん。早大に進み、斎藤とともに3本柱として活躍した福井優也投手(広島)、大石達也投手(西武)の球を受け、東京六大学リーグ戦で春秋4度の優勝を誇るなど、早大黄金期を築いた。卒業後は野球関係の仕事には就かず、大手総合商社に入社。28歳となった今、プロに大きな注目を浴びながら大学に進学した斎藤の変化、同学年で球を受けたドラ1トリオ復活への思いを聞いた。

20170215_shirakawa

「今年はやってくれる」…元捕手・白川さんが明かす斎藤、大石、福井への思い

 早実の捕手として、斎藤佑樹投手(日本ハム)とのバッテリーで2006年夏の甲子園を制した白川英聖さん。早大に進み、斎藤とともに3本柱として活躍した福井優也投手(広島)、大石達也投手(西武)の球を受け、東京六大学リーグ戦で春秋4度の優勝を誇るなど、早大黄金期を築いた。卒業後は野球関係の仕事には就かず、大手総合商社に入社。28歳となった今、プロに大きな注目を浴びながら大学に進学した斎藤の変化、同学年で球を受けたドラ1トリオ復活への思いを聞いた。

 早大野球部の練習には、早実から進学したメンバーのほとんどが参加していた。しかし、徐々に人数が減っていき、最後まで残ったのはわずか4人だった。

「誰でも必ず通る道ですが、1年生は上下関係や雑用などが大変です。高校時代にやり切ってしまい、『燃え切らない』という思いがあったと思います」

 それでも、白川さんは退部を考えたことはないという。

「野球が好きでしたから。高校時代、チームとして成績も残していたので自信もありましたし、大学でもチャレンジしたいという気持ちがありました」

 早大では、2年生までは細山田武史(横浜―ソフトバンク―トヨタ自動車)が正捕手を務めていたが、ブルペンではずっと斎藤の球を受けていた。球を受けながら、高校時代からの成長を感じていた。

人気記事ランキング