野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

若手アピールで熾烈争い ホークス野手陣、開幕1軍の狭き門くぐるのは誰?

内野の争いは…

 次に内野だ。

○当確:松田宣浩、今宮健太、内川聖一、本多雄一

 松田、今宮、内川は不動の存在。二塁手も現状では本多が入る可能性が限りなく高い。この4人は間違いなく、1軍に名を連ねる。

○競争:川島慶三、明石健志、牧原大成、カイル・ジェンセン

 想定される内野の残る枠は2つ。川島、明石は経験は申し分なく、働きはある程度計算出来る。一芸に秀でているのは、牧原だ。チーム1、2を争う俊足の持ち主で、紅白戦では内野安打で二塁から生還するなど、存分にその持ち味をアピール。遊撃手として今宮のバックアップもできる。パンチ力もあるだけに、本多の座を脅かす存在になる可能性を秘めている。カイル・ジェンセンは、デスパイネの加入で外国人枠の関係上、1軍入りは厳しいか。A組でキャンプを送る育成選手の曽根は、まず支配下登録を勝ち取ることが第一だろう。

人気記事ランキング