野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

若手アピールで熾烈争い ホークス野手陣、開幕1軍の狭き門くぐるのは誰?

分厚い戦力層を誇るソフトバンク。2月1日からスタートした宮崎キャンプも第5クールが終了した。このキャンプでは続々と若い力が存在感を発揮している。狭き門となっている開幕1軍の座。今回は野手に注目し、ここまでのキャンプを踏まえた開幕1軍争いの現状をみてみたい。

若い力が続々と存在感発揮するソフトバンク

 分厚い戦力層を誇るソフトバンク。2月1日からスタートした宮崎キャンプも第5クールが終了した。このキャンプでは続々と若い力が存在感を発揮している。狭き門となっている開幕1軍の座。今回は野手に注目し、ここまでのキャンプを踏まえた開幕1軍争いの現状をみてみたい。

 前回は投手13人を想定したため、野手は15人(捕手3、内野6、外野6)として現状を見ていきたい。

 まず、4人の若手がA組でキャンプを送っている捕手だ。

○当確:高谷裕亮、鶴岡慎也

 ベテランの2人はマイペース調整を許され、今キャンプはB組からスタート。ただ、既にB組では実戦にも出始めており、調整は順調に進んでいる様子だ。2人は経験、実績豊富。工藤公康監督は基本的に捕手3人制を基本としており、まず2枠はこの2人が入るだろう。

○競争:甲斐拓也、山下斐紹、張本優大、栗原陵矢

 現状で3番目の座に1番近いのは、甲斐だろう。地肩の強さ、スローイングは高谷、鶴岡を凌ぐものを持っている。紅白戦で3安打するなど、打撃面でもアピール中。リード面など、課題はあるが、競争を1歩リードしていると言える。山下も23日の紅白戦で2安打するなど、打撃でアピール。もともと打撃には定評があるだけに、守備面でしっかり存在感を示したい。栗原、張本もA組で奮闘しているものの、甲斐、山下に比べれば、アピール不足か。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中