野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBスカウトが見る侍ジャパン 4番筒香は「納得」、菅野は「エースと期待」

MLBスカウトが見る侍ジャパン 4番筒香は「納得」、菅野は「エースと期待」

WBC=ワールド・ベースボール・クラシック。野球界の世界一を争う戦い。2017年、今年もこの戦いが始まろうとしている……。はたして、今回のサムライジャパンはどうなのだろう。そして、他国の本気度は? 注目されている日本の選手は? メジャーリーグ球団の現役担当スカウトが率直な意見をくれた。

20170303_tsutsugoh

筒香は「動くボールに適応できる」

 WBC=ワールド・ベースボール・クラシック。野球界の世界一を争う戦い。2017年、今年もこの戦いが始まろうとしている……。はたして、今回のサムライジャパンはどうなのだろう。そして、他国の本気度は? 注目されている日本の選手は? メジャーリーグ球団の現役担当スカウトが率直な意見をくれた。

「自分が決めてやる」 先頭打者ホームランで山田が“お目覚め”(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 過去3回のWBC。やはり存在感を発揮したのは、経験豊富な選手であった。中でも、気持ちを、姿勢を、前面に出していたのはこの男だったのではなかろうか。マーリンズのイチロー外野手。韓国に対して「向こう30年は日本に手が出せないぐらいに…」と発言したことは大きな話題を呼んだ。

 そこまでの選手は今のジャパンにはいるのか。同スカウトは「一番、気になったのはイチロー。彼の存在感、プレーの質はやっぱり飛び抜けている。経験値も高いし、イチローがいるだけで相手チームにとっても脅威。年齢とかは一切、関係ない。チームが、ジャパンが勝つために、という部分だと思います」と話す

 各国がスター級の選手を代表に選出。今回のWBCはこれまで以上に盛り上がるだろう。そして熾烈な戦いになることが予想される。海外では「2回の世界一を達成したサムライジャパン」「今回は世界一を獲れる」との声も挙がるが、現実はそこまで甘くない。

「正直、厳しいかもしれない。例えば、アメリカが良い選手を揃えてきた。戦う気持ちがある。メジャーサイドはこれまであまりWBCには関心がなかった。でも今回は、良い選手を出してきた。タイトルを獲ろうというのがある。だから大会としてすごく面白いと思う。この状況で戦えるジャパンはすごく良い経験ができる」

 国際試合の意味。日本の中でプレーしているだけではなく、海外の「猛者」と向き合う。フィジカルやメンタルなど、選手としてすべての面で自分のステップアップにつながる。選手のみではない。スカウトを含め、関係者などにとって大きい舞台がここにある。

人気記事ランキング