野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 元ソフトBの韓国4番イ・デホ、頭部直撃の死球で球場ヒヤリ

元ソフトBの韓国4番イ・デホ、頭部直撃の死球で球場ヒヤリ

WBCの1次ラウンド(R)A組は9日、韓国が台湾と対戦し、元ソフトバンクの4番イ・デホが頭部への死球を受けるアクシデントが発生した。

20170309_lee_dae_ho2

ヘルメット左の耳当て部分を直撃…うずくまるも走って一塁へ、球場大歓声

 WBCの1次ラウンド(R)A組は9日、韓国が台湾と対戦し、元ソフトバンクの4番イ・デホが頭部への死球を受けるアクシデントが発生した。

 5-0で迎えた2死一、二塁。登板したばかりの3番手右腕、パン・ウェイルンが投じた球はすっぽ抜け、イ・デホのヘルメット左の耳当ての部分を直撃。衝撃でヘルメットは飛び、その場にうずくまり、球場は静寂に包まれた。

 しかし、主砲はトレーナーから患部の状態の確認を受け、しばらくすると立ち上がり、走って一塁へ。地元のファンから大歓声を浴びた。

 すでに連敗で2大会連続の1次R敗退が決まっている韓国だが、敗れると予選R降格が決まる崖っぷち戦。4番が並々ならぬ闘志を見せている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング