野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • オーストラリアが2点先制 元メジャー3番ヒューズが特大2ラン放つ

オーストラリアが2点先制 元メジャー3番ヒューズが特大2ラン放つ

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールBは9日、1敗同士の中国とオーストラリアが対戦。オーストラリアは3回に3番・ヒューズの1号2ランで先制点を挙げた。

中国が敗れれば、日本の2次ラウンド進出決定

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールBは9日、1敗同士の中国とオーストラリアが対戦。オーストラリアは3回に3番・ヒューズの1号2ランで先制点を挙げた。

 オーストラリアは2回に2死二、三塁の絶好機を作るが、9番・ハーマンがライトフライに倒れ、無得点に終わっていた。中国の先発ジュを打ちあぐねていた豪州打線だが、3回1死から2番・ベレスフォードが四球で出塁すると、続くヒューズがレフト席中段に飛び込む特大2ランを放ち、2点先制に成功した。

 2010年から3シーズンをメジャーでプレーしたヒューズは、ツインズで西岡剛(阪神)の同僚だった。2013年から母国オーストラリアでプレー。メジャーで8本塁打を記録した32歳が、オーストラリアを勝利へ導く。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」