野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • メキシコ、巨人の名手クルーズが9回痛恨エラー 4点差大逆転サヨナラ負け

メキシコ、巨人の名手クルーズが9回痛恨エラー 4点差大逆転サヨナラ負け

第4回WBCの1次ラウンド(R)D組は9日(日本時間10日)、メキシコがイタリアと対戦(メキシコ・ハリスコ)し、9-10の逆転サヨナラで黒星発進。4点リードの9回に「7番・遊撃」で出場した巨人の名手・クルーズがまさかのエラーを犯した。痛恨のミスからピンチを広げ、5失点で大逆転負けを喫した。

20170310_cruz

9回無死二塁で力ないゴロをファンブル、ピンチを広げるミス

 第4回WBCの1次ラウンド(R)D組は9日(日本時間10日)、メキシコがイタリアと対戦(メキシコ・ハリスコ)し、9-10の逆転サヨナラで黒星発進。4点リードの9回に「7番・遊撃」で出場した巨人の名手・クルーズがまさかのエラーを犯した。痛恨のミスからピンチを広げ、5失点で大逆転負けを喫した。

WBC初出場初先発の田中、1番として“満点”の活躍 「準備だけはしないといけない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 まさかの光景だった。地元のファンは、まるで信じられないといった表情で静まり返り、歓喜に沸くイタリアナインを見つめていた。

 日本でもおなじみの名手が、土壇場で痛恨のエラーを犯した。

 9-5で迎えた9回。ブルージェイズで昨季36セーブを挙げた若き守護神オズナが3連続二塁打で2点を失い、2点差に迫られた。

 続く打者・ビュテラが放った力のないゴロは、遊撃クルーズの目の前へ。しかし、三塁へスタートを切っていた二塁走者を気にしたのか、ここで打球をファンブルして送球できず。確実にさばいていれば、三塁、一塁どちらかはアウトにできたタイミング。1まずは1死をとって流れも引き戻せるはずが、一転してピンチを広げた。

人気記事ランキング