野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V戦士・岩村明憲氏がMVP筒香に見る資質「いいのは打ち取られた後の姿」

優勝を目指して第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」は、10日の第3戦中国戦に7-1で勝利し、1次ラウンド・プールBを3戦全勝で突破した。

20170311_tsutsugoh

1次ラウンド1位通過が決定後でも、代表らしい戦いで勝利

 優勝を目指して第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」は、10日の第3戦中国戦に7-1で勝利し、1次ラウンド・プールBを3戦全勝で突破した。12日から始まる2次ラウンドでは、オーストラリアとの死闘を制してプールB・2位になったキューバ、韓国・ソウルで開催されたプールAで1位となったイスラエル、同2位のオランダと対戦。4チームのうち上位2チームが、アメリカはロサンゼルスが舞台となる決勝ラウンドに進出する。

 戦前からプールAの1位勝ち抜けが決定しながら、中国を相手に盤石な戦いを見せた侍ジャパンを、第1回、第2回WBC優勝メンバーで、現在はルートインBCリーグ福島ホープスで選手兼監督を務める岩村明憲氏は「意地の見えた試合だった」と評価する。

「すでに順位は決まっていたし、実力差のある中国が相手だったし、オープン戦的な雰囲気が漂ってもおかしくない試合だったけど、お客さんの前で日の丸がついたユニフォームを着て戦っているんだっていう意地を見せてくれたよね。そういう勝利だったと思う。

 その中でも色々な選手を試合に出して、出場しないと感じられない雰囲気を感じさせられたのは大きい。野手で出場していないのは(炭谷)銀仁朗だけかな。1イニングでも出られればよかったけど、捕手は万が一に備えて一人はベンチに置いておきたいから仕方ない。前回大会の経験もあるし、心配はしてないよ」

人気記事ランキング