野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 前回王者ドミニカが8回にアメリカを逆転! クルーズ3ラン&マルテソロ弾

前回王者ドミニカが8回にアメリカを逆転! クルーズ3ラン&マルテソロ弾

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが11日(日本時間12日)、米国・マーリンズパークで行われ、前回王者のドミニカ共和国の主砲クルーズがアメリカのミラーから8回に逆転3ランを放った。さらにマルテもソロ弾で続いた。

一時5点差を逆転

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが11日(日本時間12日)、米国・マーリンズパークで行われ、前回王者のドミニカ共和国の主砲クルーズがアメリカのミラーから8回に逆転3ランを放った。さらにマルテもソロ弾で続いた。

 一時5点リードを許したドミニカ共和国は6回に2番マチャドが1死走者なしからレフトへ特大ソロ。さらに3番カノ、4番バティスタと連続四球でチャンスを作ると、サンタナがセンターへタイムリーを放ち、3点差とした。

 さらに7回、先頭の8番マルテがレフト線へ二塁打を放つと、続くカスティーヨが左翼越えのタイムリー二塁打をマークして2点差に。そして8回、この回からマウンドに上がったメジャー屈指の左腕ミラーを攻め、無死一、二塁とチャンスを作ると、3年連続40発以上を放っている2014年本塁打王の6番クルーズがレフトスタンドへ逆転3ラン。直後、マルテもライトスタンドへソロ弾を放った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」