野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • メキシコ、難解ルールで敗退の“真相” 電話で5度確認も「返事なかった」

メキシコ、難解ルールで敗退の“真相” 電話で5度確認も「返事なかった」

あと1点取れば覆っていた結果…「裁判になれば、(メキシコに)有利な判決が下るだろう」

 ただ、この見解が結果的に誤りだった。

 大会側はイタリア戦の9回はイニング数に含まず換算。メキシコは1.118、ベネズエラは1.105とし、1.053と3チームで最も失点率が低かったイタリアとともに、ベネズエラのプレーオフ進出となった。

 メキシコが、誤りであることが事前にわかっていたら――。あと1点取れば、結果は覆っていた。当然、1点を守るのか、1点を取りに行くのかで戦い方も変わるだろう。

「もし、知っていたら、我々は努力していた。裁判になれば、(メキシコに)有利な判決が下るだろう」

 このように話し、試合終了直後にツイッターなどでメキシコのPO進出の投稿を削除し、訂正されたことに関しては「物事を変えるのは、無礼だと思う。試合前の解釈が、多くを変えてしまった」と振り返った。

 この件を巡っては、4番のA.ゴンザレスが自身のツイッターで「なんてダメな大会なんだ!」「試合前、2点差で勝てば明日、(プレーオフで)試合することになると我々は伝えられていた」とつづり、怒りをぶちまけていた。

 あまりに悲劇的な“勘違い”でメキシコのWBCは幕を下ろし、13日(同14日)に行われるプレーオフではイタリアとベネズエラが2次R進出をかけて対決する。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」