野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

選手が球団に企画持ち込み!? 西武が“選手会プロデュース”にかける想い

近年、野球をはじめとするプロスポーツチームでは、開幕戦や夏季の大型シリーズに合わせて来場者全員に豪華なプレゼント企画を行うことが珍しくなくなった。各球団が観客動員増と来場者の満足度向上のため、趣向を凝らした企画を実施しているが、埼玉西武は他球団とは一線を画している。

200170320_seibu

“選手会プロデュースグッズ”に込められた熱い想い

 近年、野球をはじめとするプロスポーツチームでは、開幕戦や夏季の大型シリーズに合わせて来場者全員に豪華なプレゼント企画を行うことが珍しくなくなった。各球団が観客動員増と来場者の満足度向上のため、趣向を凝らした企画を実施しているが、埼玉西武は他球団とは一線を画している。

200170320_seibu
「選手会プロデュース」のアイテム選びやデザインの考案段階から企画に携わった西武・炭谷銀仁朗(左)と浅村栄斗(右)【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

 それは“選手会プロデュースグッズ”のプレゼントである。開幕日の4月4日が、シシの日ということで、“獅子開幕シリーズ”と名付けられた4月4日から9日までの5試合のうち、4日のオリックス戦、8日、9日の福岡ソフトバンク戦の計3試合で、来場者全員に対して日替わりで“選手会プロデュースグッズ”がプレゼントされる。

「選手会プロデュース」という冠の通り、選手(炭谷、浅村)が、そのグッズのプロデュースを行う。そもそものプレゼント企画の発案者は、選手会長の炭谷だという。また、ゴールデンウィーク期間中の5月5日楽天戦では、当日がこどもの日ということで、来場のこども全員にTシャツがプレゼントされるが、こちらは日付にちなんで背番号55番の秋山がプロデュースを行う。

 驚かされるのは、それぞれの企画に携わる選手の熱の入れようだ。開幕シリーズのプレゼントのうち、「フリースポンチョ(4/8)」は選手会長の炭谷が、「ビッグフリースブランケット(4/9)」は新キャプテンの浅村が、それぞれアイテム選びやデザインの考案段階から企画に携わったという。ファンに向けて何をプレゼントするかを考えた結果、スタンドのファンが暖かい環境で観戦できるようなアイテムを選択するあたりが、春先とはいえまだ寒く、ホットコーヒーが飛ぶように売れるメットライフドームを本拠地とする埼玉西武の選手らしく、心憎い。実際、ポンチョやフリースを羽織れば比較的快適に野球観戦ができるだろう。

人気記事ランキング