野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 蘭プロファー、“珍プレー”でアウト 安打後に喜んでいてモリーナに刺される

蘭プロファー、“珍プレー”でアウト 安打後に喜んでいてモリーナに刺される

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、初回に“珍プレー”が飛び出した。

20170321_profar

モリーナの抜け目のなさが光るプレーも…直後にバレが先制2ラン

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ-プエルトリコが20日(日本時間21日午前10時開始)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、初回に“珍プレー”が飛び出した。

 先攻のオランダは先頭のシモンズが三塁内野安打で出塁。続くボガーツは死球で無死一、二塁としたが、続くプロファーの打席でモリーナが二塁に牽制球。シモンズを刺し、ボガーツがその間に進塁したため1死二塁とした。しかし、プロファーは右前打。これで再びチャンスが広がったかに見えた。

 ところが、本塁へ返球されたボールをメジャーNO1捕手のモリーナがつかむと、ゆっくりとした動作から突然、一塁へ送球。一塁を回ったところで喜びを全身で表現し、ベースに戻ろうとしていたプロファーを刺した。ボールから目を切っていたプロファーは、満面の笑みから一転して呆然。モリーナの抜け目のなさが光ったプレーだった。

 しかし、オランダは続くバレンティンが先制2ラン。シモンズ、プロファーの“ミス”で漂っていた嫌な流れを払拭した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング