野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • 侍ジャパンV奪還へ鍵握る中田翔 昨季苦しんだ“弱点”克服できたのか

侍ジャパンV奪還へ鍵握る中田翔 昨季苦しんだ“弱点”克服できたのか

野球日本代表「侍ジャパン」の一員として第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場している中田翔(日本ハム)が活躍を見せている。だが、昨季の中田はスタメン落ちを経験するなど苦しいシーズンを送っていた。データ的にも、いくつか不振を引き寄せた理由と推測できる問題点が表れている。WBCでの活躍は、それらを克服した上でのものなのかを考えていきたい。

昨季苦しんだ中田、WBCでは“弱点”克服できているのか

 野球日本代表「侍ジャパン」の一員として第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場している中田翔(日本ハム)が活躍を見せている。だが、昨季の中田はスタメン落ちを経験するなど苦しいシーズンを送っていた。データ的にも、いくつか不振を引き寄せた理由と推測できる問題点が表れている。WBCでの活躍は、それらを克服した上でのものなのかを考えていきたい。

20170321_nakata1

中田翔(日本ハム)の対ストレート打撃成績

 昨季の不振につながったと思われるのは、ストレートに対する打撃成績の低下だ。2014~2015年は、ストレートで結果が決したケースだけを集計すると、2年続けて打率は3割超え、14本塁打を記録するなど得意としていた。だが昨季は、打率.220、7本塁打と大きく数字を下げた。本塁打のペースが落ちているだけでなく、ヒットも生まれにくくなっていた。ストレートは全投球の47.2%(2016年パ・リーグにて)を占める球種だけに、それをうまく打つことができないと、どうしても成績は低下してしまう。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬