野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔が復活の狼煙 首脳陣に嬉しい悩み植え付ける快投

苦しんできた男が、復活のシーズンとできるか。福岡ソフトバンク先発の松坂大輔投手が25日、広島とのオープン戦に先発し、7回無失点。しかも相手打線を無安打に抑える好投で首脳陣に大きなアピールとなった。

広島戦で7回無安打無失点

 苦しんできた男が、復活のシーズンとできるか。福岡ソフトバンク先発の松坂大輔投手が25日、広島とのオープン戦に先発し、7回無失点。しかも相手打線を無安打に抑える好投で首脳陣に大きなアピールとなった。

 7回2死、新井を二ゴロに打ち取りベンチに戻ると、ホッとしたような笑顔でナインと握手を交わした。102球。昨年のセ・リーグ王者に安打を許さなかった。3回、先頭のペーニャに四球。中盤前後で、制球が乱れてしまうことが多かった右腕。だがこの日は動じなかった。石原、岡田、安部を打たせて取り、切り抜けた。

 直球は140キロ前後だったが、スライダーがコースに決まり、安定感があった。6回は3者連続三振。7回は三ゴロ、左飛、二ゴロすべて味方の好守備と、バックももり立て無安打投球でマウンドを降りた。

 試合後「オープン戦の最後の最後でいい形が出せた」と納得の表情。当初は5回の予定だったが、当然この内容であれば、と“延長”。「6回終わって、『どうする?』と(首脳陣から)言われ『任せます』と答えたら、佐藤投手コーチが『じゃあいこうか』と。こういう形がシーズンでも出せればいいですね」と、振り返った。

 メジャーから2015年に日本球界へ復帰し、福岡ソフトバンクでプレー。だが2015年の開幕前に故障すると、手術と長いリハビリが待っていた。2016年10月2日、楽天戦で2006年10月以来の日本での登板を果たしたが、1回を投げて3安打4四死球と散々な内容。そのオフにはプエルトリコに出向いてウインターリーグに参加するなど、かつて「平成の怪物」と言われた男がもがき苦しむ日々が続いた。

人気記事ランキング