野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB川崎、“日本復帰戦”で魅力全開「サンキューベリーマッチ」「バッド」

米カブスをFAとなり、6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎宗則内野手が4日、ウエスタンリーグのオリックス戦(タマスタ筑後)に先発出場した。「1番・遊撃手」でスターティングメンバーに名を連ねた川崎を一目見ようと、スタジアムには多くのファンが駆けつけた。3113人収容のタマスタ筑後のチケットは全て完売。チケットを手に入れられなかったファンが球場外に溢れるフィーバーぶりとなった。

「3時半起き」で超満員2軍戦、1安打デビューに「嬉しかった」

 米カブスをFAとなり、6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎宗則内野手が4日、ウエスタンリーグのオリックス戦(タマスタ筑後)に先発出場した。「1番・遊撃手」でスターティングメンバーに名を連ねた川崎を一目見ようと、スタジアムには多くのファンが駆けつけた。3113人収容のタマスタ筑後のチケットは全て完売。チケットを手に入れられなかったファンが球場外に溢れるフィーバーぶりとなった。

「みんなが『川崎頑張れ』と言ってくれて、本当に嬉しかった。今年で18年目ですけど、こんな僕みたいな人間に興味を持ってくれて、本当にありがとう。サンキューベリーマッチ」と振り返った注目の復帰戦。いきなり魅せるところが、さすがだった。

 初回の第1打席。「嬉しいですね、まさかこんなところで」という同級生のオリックス・岸田との対戦となった。初球136キロはボール。2球目の137キロをファールとし、迎えた3球目。同じく137キロの真っすぐを右前にライナーにはじき返した。3回1死一塁での第2打席は二ゴロ。走者の栗原が封殺され、一塁上に残ると、続く高田の2球目に盗塁を試みたが、これは失敗に終わった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中