野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」大分出身の4年目ベテラン 楽しみはファンとの会話

球場の新たな”エンターテインメント”になっている「売り子」。美女どころといわれる福岡で働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介する「福岡発 売り子名鑑」の第4回をお届けする。

1年目は「試合の最後までタンクを担いでいるのは精一杯」も…

 球場の新たな”エンターテインメント”になっている「売り子」。美女どころといわれる福岡で働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介する「福岡発 売り子名鑑」の第4回をお届けする。

 第4回は、アサヒビールの「あいり」さんだ。

 ソフトバンクでは内川聖一、今宮健太、甲斐拓也、笠谷俊介、川瀬晃を輩出している大分県出身の21歳。大学進学を機に、福岡へ出てきた。「何か福岡らしいことをしたかったんです。結構人見知りをするので、それが治ったらいいなと思いました」という思いで、ヤフオクドームの売り子に挑戦。今季で4年目を迎えるベテランの売り子さんだ。

 三塁側内野席と左翼外野席が主戦場のあいりさん。売り子1年目は「試合の最後までタンクを担いでいるのは精一杯でした。本当に体力がなくて、最初は1試合やったらフラフラになっていました」というが、4年目ともなるとそこは慣れたもの。「最近は体力ついてきたね、と言われるようになりました。去年くらいからはグッと常連の方も増えてくれました」と話す。

 幼少期からピアノを続け、小学生の時には九州の大会への出場経験もある一方で「運動は全然ダメです」という彼女が、15キロのタンクを背負いながらの重労働に耐えて来られたのは、ファンの存在があってこそだ。「お客さんと話をするのが楽しいですね。やっぱりお客さんが、他の子からは買わずに『待ってたよ』と言ってくれたり、遠くから呼んでくれたりする。それがすごく嬉しいですね」。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬