野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

引退決意の岩村明憲、21年のプロ生活で守り続けた恩師・上甲監督の教え

9日に今季限りの引退を発表したルートインBCリーグ、福島ホープスの岩村明憲選手兼監督兼球団代表。10日に開かれた記者会見は約1時間にわたり、21年目を迎えるプロ生活を振り返ると共に、野球にかける熱い思いを語った。

20170410_iwamura

今季限りでの現役引退を表明、「野球の基本中の基本はやり通せた」

 9日に今季限りの引退を発表したルートインBCリーグ、福島ホープスの岩村明憲選手兼監督兼球団代表。10日に開かれた記者会見は約1時間にわたり、21年目を迎えるプロ生活を振り返ると共に、野球にかける熱い思いを語った。

 1996年のドラフトでヤクルトに2位指名され、スタートしたプロ生活。ヤクルト時代には2004年からは3年連続で3割30本塁打を達成、三塁手としてゴールデン・グラブ賞を6度受賞するなど、強打の内野手として名を馳せた。戦いの場をメジャーに移してもプレースタイルを変えず、レイズでは2008年にワールドシリーズに出場。2011年に日本球界に復帰した後も、楽天、ヤクルト、そして福島ホープスで「何苦礎魂」を見せつけてきた。

 闘志溢れる男気プレーで沸かせた岩村だが、プロ生活の中で守り続けてきた教えがあるという。宇和島東高校時代の恩師、故・上甲正典監督に教わった「一塁までの全力疾走」だ。

「高校時代の上甲正典監督から教えていただいた『打ったら走る』という、野球の基本中の基本をやり通せたというのはあります。今シーズンもまだまだ、打席に立って凡打しても、一塁への全力疾走っていうのは欠かさないようにしたいと思います」

人気記事ランキング