野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA、ダメージ残る敗戦…救援陣つぎ込むも6連戦初戦で逆転サヨナラ負け

DeNA、ダメージ残る敗戦…救援陣つぎ込むも6連戦初戦で逆転サヨナラ負け

DeNAは18日、広島に3-4の9回サヨナラ負けを喫した。

20170419_patton

今季初の広島戦で痛い敗戦、6回から継投も新守護神パットンがつかまり…

 DeNAは18日、広島に3-4の9回サヨナラ負けを喫した。

 今季初となる昨季セ・リーグ優勝チームの広島戦。DeNAにとっては昨年のクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージで敗れている相手だ。それだけに完勝で勢いをつけておきたかったが、広島は強かった。

 先発したドラフト1位の濱口は5回5安打、8奪三振で1失点。だが、1回に1死満塁、2回は2死一、二塁、3回は無死二塁とされ、4回は3者凡退だったが、5回は再び無死満塁とピンチを招く苦しい投球。結果として5回にエルドレッドに与えた押し出し四球の1失点のみでしのいだが、5四球もあり、要した球数は124。ラミレス監督としては、6回からは継投でいかざるをえない状況となった。

 打線が5回に昨年最多勝の野村から3点を奪い、その裏に浜口が1失点。DeNAの救援陣は切れ目のない広島打線を相手に2点のリードを守る展開となった。

 だが、2番手の砂田は菊池、丸らに3安打を浴びて2/3回を1失点。3番手の須田が牽制死を誘って切り抜け、7回からは「新勝利の方程式」の登場となった。7回の山崎康は不運な内野安打2本を浴びながらも、なんとか無失点。8回の三上も1安打無失点。しかし、9回に登板した新守護神のパットンがつかまった。

人気記事ランキング