野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ佐々木、プロ2戦目のマウンドへ あらためて振り返る初勝利までの道

2016年プロ野球ドラフト会議。田中正義投手を外した北海道日本ハム、千葉ロッテ、巨人、広島、柳裕也投手を外した横浜DeNAを含む計5球団から外れ1位指名を受けた佐々木千隼投手。抽選の結果、千葉ロッテが交渉権を獲得。外れ1位の5球団重複は史上初のことだった。

史上初の外れ1位5球団競合右腕、キャンプから越えてきたいくつもの壁

 2016年プロ野球ドラフト会議。田中正義投手を外した北海道日本ハム、千葉ロッテ、巨人、広島、柳裕也投手を外した横浜DeNAを含む計5球団から外れ1位指名を受けた佐々木千隼投手。抽選の結果、千葉ロッテが交渉権を獲得。外れ1位の5球団重複は史上初のことだった。

 サイドスローに近いスリークォーターから繰り出される最速は153キロ。スライダーやシンカーなど多彩な変化球を操る。大学時代、連続イニング無失点記録を53回とし、巨人・菅野智之投手(東海大)のリーグ記録と並んだ。そして2016年、首都大学リーグ1部初優勝の立役者となった。大学通算では24勝を挙げ、そのうち13勝は完封という好成績を残し、十分すぎるほどの実績でプロの世界に飛び込んだ。しかし、佐々木がプロ初勝利を挙げるまでにいくつもの壁が立ちはだかった。

◯2017年2月、石垣島での1軍キャンプ

 序盤はフォームが固まらず、制球にも悩まされ、思い通りの球を投げることができない。苦しい胸の内を投手コーチやチームの先輩に吐露することもあった。ブルペンでは多数のテレビカメラに追われ、練習後にはコメントを求められた。環境に慣れず、ブルペンに入る度に緊張した。自信を失いかけていた第2クール、右手中指の爪が割れるアクシデント。悩みの絶えない日々が続き、口数も少なくなった。それでもキャンプ終盤、フリー打撃に登板すると、「ブルペンよりいい投球ができた。」と、少しずつ前向きなコメントが出るようになる。

◯2月26日(那覇)、巨人とのオープン戦

 紅白戦とは違う緊張感が漂う中、対外試合初登板。予定通り1回を投げ、失策で出塁した走者の生還を許したものの打者4人に無安打。まずまずの出だしとなる。

人気記事ランキング