野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 松井、田中も例に登場 MLB右腕が負傷を謝罪も、米では「謝る必要ない」!?

松井、田中も例に登場 MLB右腕が負傷を謝罪も、米では「謝る必要ない」!?

フィリーズの右腕クレイ・バックホルツ投手が負傷離脱することを謝罪したことが、話題になっている。米NBCスポーツ他が伝えている。

新加入も今季絶望のバックホルツ「わずか2試合144球でフィリーズでのキャリアは終わった」

 社会や文化の違いもあり、日本では謝ることが日常的に行われているが、アメリカ合衆国では相応の理由がない限り謝らないことが一般的だ。そのため、誰かが謝罪した時は、少なからず注目を集める。26日(日本時間27日)、フィリーズの右腕クレイ・バックホルツ投手が負傷離脱することを謝罪したことが、話題になっている。米NBCスポーツ他が伝えている。

 球団公式サイトによれば、バックホルツは右前腕屈筋腱を断裂し、18日(同19日)に修復手術を受けたため、4?6か月の回復期間が必要になるという。右腕は9月の戦列復帰を目指してリハビリに励むそうだが、今季のフィリーズはチーム再建の真っ只中のため、バックホルツは「わずか2試合144球でフィリーズでのキャリアは終わった」と目されている。

 レッドソックスでキャリアを積み上げたバックホルツは、昨年12月にトレードでフィリーズへ移籍。契約最終年にあたる今季は年俸1350万ドル(約15億140万円)で、先発ローテの中心として期待されたが、キャンプ中から状態が思わしくなく、開幕後は2試合しか投げていなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」