野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4試合で4本塁打…今季1軍で覚醒した「2軍の強打者」ソフトバンク上林

ソフトバンクの上林誠治が目覚ましい働きをしている。本来、外野手登録の内川聖一が一塁手で出場しているため、柳田悠岐、中村晃と共に外野を守って、代打を含めると29試合中26試合に出場。規定打席には未達だが、5月2、3日に2試合で3本塁打10打点の大暴れをして、外野の一角に手を掛けようとしている。

2軍屈指の強打者だった上林、15年には首位打者、最多安打、盗塁王を獲得

 ソフトバンクの上林誠知が目覚ましい働きをしている。本来、外野手登録の内川聖一が一塁手で出場しているため、柳田悠岐、中村晃と共に外野を守って、代打を含めると29試合中26試合に出場。規定打席には未達だが、5月2、3日に2試合で3本塁打10打点の大暴れをして、外野の一角に手を掛けようとしている。

 上林は仙台育英高校から2013年ドラフト4位でソフトバンクに入団。4年目だが、昨年まで2軍暮らしが長かった。2年目の2015年には打率.343でウェスタン・リーグの首位打者を獲得。最多安打、盗塁王も受賞。
3年目の昨年は打率こそ.247だったが、12本塁打、57打点の成績で、2軍屈指の強打者だった。

 しかし、3軍まであって層が厚いソフトバンクでは「2軍の強打者」でも、なかなかポジションが獲得できないのが現実だ。

 ここで、過去3年のウエスタン・リーグの安打数ランキングを見てみよう。

○2014ー16年ウエスタン・リーグの安打数ランク
           試合  安打  HR   点
1.塚田正義  (ソ)  298  317   30   165
2.猪本健太郎 (ソ)  285  282   44   165
3.武田健吾  (オ)  271  244   16   88
4.牧原大成  (ソ)  172  226   6   79
5.カニザレス (ソ)  241  225   40   137
6.堤裕貴   (オ)  267  225   5   59
7.釜元豪   (ソ)  250  213   6   79
8.奥浪鏡   (オ)  274  209   19   104
9.陽川尚将  (神)  230  207   23   116
10.古本武尊 (中)  259  201   17   116
12.上林誠知 (ソ)  195  199   22   104

 上位10傑に、実に5人もソフトバンクの選手がひしめいている。ソフトバンクは、2012年からウエスタン・リーグで5連覇。今季も首位を走っているが、打線も投手陣も圧倒的な戦力を誇っている。塚田正義、猪本健太郎、昨年限りで退団したカニザレスという中軸は、リーグ最強だった。上林や釜元も含めて、圧倒的な戦力だったのだ。

 しかし、ソフトバンクの1軍も分厚い戦力を誇る。2軍で好成績を上げても、なかなか1軍で活躍するチャンスが巡ってこなかった。こういう形で強豪チームでは、「2軍の強打者」が日の目を見ないケースが散見される。

人気記事ランキング